ツイッターはchicorino1982!


by chicorino1982
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

免許取得

昨日の卒業検定は無事に過ごし、全ての過程を終了。
普通自動二輪免許教習ついに修了しました!

その足で、何件かのバイク屋に寄って見たらテンションは上がらないわけがない。
とりあえず、steedがいいんじゃないかとめぼしがついた。
いやぁ~たまらん!!!
休みの日を利用してバイク探しも始める予定。
愛車の写真が載る日もそう遠くはないはずだ。乞うご期待!

そして今日はもちろんバイト。朝、プリちゃんで出勤をするがメカトラで
バスに切り替え。遅刻で迷惑をかけてしまった・・・
やはり、朝は朝食を食べるくらいの時間を作ろうと思い、ちょっと前に買って
食べるのを忘れていた蜂蜜とパンでも食べてから出ようと、
高島屋のPAULでカンパ-ニュを入手。
明日は曇りの予定なのでプリマベーラを修理して通勤の予定。
その後はビリアードかな?
なかなか楽しくなってまいりました。
cciao!!!!!!!!!!!!!
[PR]
# by chicorino1982 | 2006-05-09 21:00

つばめの連携

f0024694_2012253.jpg

忙しい一日を終え、帰りに店の前のツバメの巣に目がとまった。

一羽がえさをあげているときに、もう一羽が見張りをたてる。
なかなかいい絵がとれた。
[PR]
# by chicorino1982 | 2006-04-25 20:12

Figiada

久々の日曜労働を終え、Cafeをはしごしてから帰宅。
八時くらいに、帰宅。他の人は晩御飯が終わってたので、一人で食事を始める。
今日のメニューはブラジルの郷土料理~Figioada~と、フランスパン。
母親は幼いころから、成人くらいまでブラジルで暮らしていたのでこの料理が
得意なのだ。

レッドキドニーという種類の豆を圧力鍋で調理して、さらにトマトやらベーコン
やらを入れて煮込んだものだ。
ブラジルではとにかく何でも入れて煮込むそうで、すごく量が多いので
パーチィーなど、大勢で囲む時にだされるらしい。
たくさんの種類の食材をつかうので栄養バランスがいい。
そのため2002年のワールドカップのとき、サッカーのブラジル代表
これを滞在先のホテルに持ち込み、みんなで囲んだのだそうだ。

これが本当においしいんです!↓
f0024694_21173550.jpg


これを食べた後に、魂友(ソールメイト)から玉突きのお誘い。
くるまで行こうとするも、カフェで酒をいただいていたので断念・・・といつもならなるところだが、今の俺にはプリちゃんがあるので助かった!
と言うことで行って参ります!!!
ciao!!!!!!!!!!!
[PR]
# by chicorino1982 | 2006-04-09 21:24

P.S

桜画面終了して、家のCATと、どこぞかの猫コラボに変更!!
猫好きにはたまらないでしょ!
と言っても、知り合いに猫好きいたっけか?まぁ、自己満なんでご勘弁を。
ciao!!!!!!!!!!!!
[PR]
# by chicorino1982 | 2006-04-08 00:31

夫婦喧嘩の神

一日バイトだったので即帰宅。これのみでブログを終えるのもつまらないので
電車で退屈しのぎに読んでいる本、「ローマは一日にして成らず}から一ネタ。

古代ローマは、多神教の文化をもっていたようで、かなり多くの神が存在していたらしい。
有名な名前で言えば、
知の神アテネ美と愛の神ヴェヌス(ヴィーナス)
イタリアらしいところでいえば、葡萄酒の神バッカスなんて神もいる。
軍神マルス女性の守護神のユノー神経済向上にはメルクリウス(マーキュリー)
これら全ての神々の王であるユピテル神(ジュピター)
などなど、あげればきりがないほどの神がかかげられていたらしい。

そのなかで、今回の主役はヴィリプラカ女神という神。
その名も、夫婦喧嘩の神!

ある夫婦が喧嘩を始める。双方ともに自分に理があると思っているのでそれを主張するために声量もエスカレートしていく。黙ったら負けと思うから、相手に口を開かせないためにもしゃべり続けることとなる。
と、まぁ、喧嘩の形は今も昔も、日本もローマも一緒だったに違いない。
そんなことになったとき、古代ローマ人はヴィリプラカ女神の祠に行く。
祠には某女神の像があるだけで神官などもいないのだが、ひとつだけ決まりがある。
それは、女神の像に話しかけることのできるのは一時に一人だけというものだ。
信仰心の強いローマ人はそれを守るのだけど、
そうすると必然的に、一人が訴えているときは、もう一人はそのいい分を聞いていなければならない、という状況になる。
黙って聞いていると、実は相手の話にも理がないことはないな、ということに気付いてくる。
双方がそんなやり取りを繰り返しているうちに、段々話がまとまり、夫婦喧嘩がおさまっていくというわけだ。
素晴しい神だよこれは!画期的じゃありません???

それにしても、こんなお茶目な神まで祭り上げてしまうローマ人ってやっぱ素敵だよね!
ciao!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[PR]
# by chicorino1982 | 2006-04-05 21:18