ツイッターはchicorino1982!


by chicorino1982
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ソアーヴェ クラシコ ラ フラスカ 2005
f0024694_2161100.jpg

生産者:ジーニ社
生産地:イタリア、ヴェネト州

このジーニ社は、ソアーヴェ生産者の中で三指にはいる。

薄っぺらい、スカスカ、苦いだけというイメージのソアーヴェ。
原因は、利益に走る生産者が多いため。

多くの量を作るために、収量を出来るだけ増やし、そのため水ぶくれした葡萄ができ、
それでワインを造ることによって、果実実が乏しくミネラル分だけが先立った
物になってしまう。
こんなワインを作る「安売り生産者」が圧倒的多数なのだ。

そんなイメージを払拭させてくれるのがこのジーニのワインである。


ジーニ社は、凝縮したワインを作りたいという気持ちから、収量を極端に下げ、
一房一房の凝縮実を重視。
収入は極端に減るが、いいものを作りたいという思いがそうさせるそうだ。

さらに、ソアーヴェでは珍しく、他の畑の葡萄をブレンドしない「単独畑」の
ワインがある。
それは葡萄栽培に自信があるからこそできるのだ。

いくつかある単独畑の中でも特に秀逸と言われているのが、この「ラ フロスカ」畑なのである。

ではでは、テイスティング開始。

香りは、乳酸の香り(ヨーグルトの乳清のような香り)が結構感じられた気がする。
(実際は乳酸発酵は行なわれていないみたいだけど・・・。)

それから、始めはグレープフルーツ。
段々、蜜リンゴの香りに変化してきた。

口に入れると、若干の収斂性があり刺激的。
大手のソアーヴェと比べて、格段に果実味が豊か。
大手性だと、果実味が極端に少なく苦みばしった感じで、
単独では段々舌が拒否し始めるが、
このラ・フロスカは、
果実味が豊かなおかげで逆に多量の苦味がアクセントとなり心地よい。
これが俗に言う「バランスがいいワイン」なのだろう。

余韻はまろやかな酸と苦味の心地よい調和。

いい感じ!
ソアーヴェに3000円は高いよな~。なんて思ったがこれは価値あり!

果実味★★(ソアーヴェの中では★★★)
酸(質)★★★(まろやかで飲みやすい酸)
余韻★★(長く残るイメージではないがインパクトあり!)

ciao!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[PR]
by chicorino1982 | 2007-09-07 21:47 | イタリアワイン