ツイッターはchicorino1982!


by chicorino1982
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:新世界ワイン( 5 )

CARME cabernet sauvignon 2008

原産地:チリ
アルコール%:13.5%
f0024694_0481235.jpg


紫を帯びた濃い色調。
エッジ部分に熟成感はなくフレッシュ。


抜栓時は6℃。
はじめは閉じ気味で未熟なカシス、プルーンのような香り、インクの香りなど。

よく溶け込んだタンニンはかなり滑らかで柔らかい!
酸味は控えめで円やかで果実味がしっかりしている。
安いカベルネ特有の青臭さはほとんどない!
今がまさに飲み頃!

温度が上がるとブルーベリージャムのような甘さが
広がりさらに飲みやすくなる。

やはり1000円台でもチリは高レベル!


ciao!!!!!!!!!!
[PR]
by chicorino1982 | 2011-05-08 00:46 | 新世界ワイン
カレラ セントラルコースト シャルドネ 2005
f0024694_22221377.jpg

生産地:アメリカ、カリフォルニア州、セントラルコースト、
生産者:カレラワイナリー
情報:こちらのワイナリーのオーナー、ジョシュ・ジェンセンはかの、
ロマネコンティで醸造を学び、カリフォルニアでロマネコンティと同じ石灰石土壌の場所
を探し、ワイナリーを開設した。
日本のテレビで「ロマネコンティと同じ味!」などと話題になったせいで、
オーナーの名を冠した赤ワイン「カレラジェンセン」という単独畑のワインは市場から
姿を消した。このワイナリーワインはどれも大人気で、常に求める人は絶えない状態。

f0024694_22365682.jpg

前回飲んだシャルドネ(シャブリ)との比較すると色合いは濃い。
しっかりと黄金色。

14℃の設定したワインセラーから出してすぐのテイスティング。
だいぶ、蜂蜜様のニュアンスがある。果実味はグレープフルーツやレモンがほのかに。
ミネラル感が中心。

味わいは、豊かで優しい角のない酸、グレープフルーツの皮の苦味、蜂蜜のニュアンス。
やっぱりヴィンテージ的に若いので若々しい酸がすっぱい!
豊富な酸のおかげで少し乏しい果実味の立体感が増幅され、フレッシュフルーツを口に入れているような立体感でふくよかな味わい。
でも、この温度だと明らかに酸がたるくフレッシュさや元気が半減している。
適正温度はもっと低いかと思われる。

余韻。
グレープフレーツの苦味が舌の両サイドに間違いなく残り、舌に張り付いて
なかなか消えない酸味が程よく長く続く。

二日目は、蜂蜜様がぐ~んと増し、温度が高いとたるい感じ。
しっかり冷やすと断然爽やかでうまし!

こちら2000円!いいんでない!?コストパフォーマンスはいいし、飲みやすいし!
ちょっくら苦味が気にはなるけれども・・・。

ciao!!!!!!!!!!!!!!!!
[PR]
by chicorino1982 | 2007-08-05 22:23 | 新世界ワイン
ハーディーズ ノッテージヒル シラーズ 2004
f0024694_122076.jpg

国:オーストラリア
B.R.Lハーディー社は1838年創業の歴史ある大手ワインメーカー。
f0024694_1385218.jpg

リム(エッジ):透明。熟成を示すレンガ色、ガーネット色は見られない。
見た目からいってまず、フレッシュさを感じる。
リム周辺部:周辺部自体は透明からピンクへと変わっていく感じ。
中心部に向うにつれて段々ルビー色になる。
アイ(中心部):きれいで不純物のないルビー。
本当にきれいで、純度の高さを感じる。それからフレッシュさも。

感想:コルクを抜いて香ってきたのが鉄。それから漠然と「果実」という印象。
ボトル越しではそこまでかぐわしくはなかった。
グラスに注いで見ると、きれいなルビーだけど、どす黒さもある、という感じ。
黒紫まではいかない紫がかったルビー色。
完熟プラム、それから飴玉のような甘い香りがする。アルコール香は、ピノ・ノワール
よりも控えめ。
こてこての果実系というよりはクリアでエレガントな感じも併せ持つ、中間的な感じ。

口に入れると、とろ~りと、ゆっくり口中や舌に甘みがしみ込んでいく。
ほとんど渋みやら、刺激はなく、「角がまったくない」というイメージ。
完熟プラム、ブルーべリージャムのニュアンス。
熟成を思わせる「ブーケ」はないように思う。
舌先の甘みの中枢をやさしく、丸みのある甘みが抜けていく。

カベルネそービニヨンが、弾力があり力強い、「スライム」だとしたら、
このワインは、弾力が出る一歩手前の、とろりとした液体で、「はぐれスライム」ってとこかな 笑。

それから、舌の両側面の酸味を感じ取る中枢を抜ける際に、丁度よく混ざり合った
酸味と渋みが感じられる。

余韻は、酸味から次第に飴玉をなめた後のような甘みに変化し、短時間で消えていく。
なんだか、懐かしいな~、って感じ。
タンニンは、「キシキシ」ではなく、きめ細かくて滑らかな感じできどくない。口内が潤った肌みたい。
それから、しばらく余韻を探っていると、気持ち甘い枝豆のような香りも。

ボディーはミディアムからフルの間くらいかな。
カベルネから、渋みを取って、ピノノワールからエレガントさをいただいたような
感じかな?
ま~、結論出すには、飲んだ数が少なすぎか 笑。
こいつも一本千円ジャストくらいのワインなのでかなりコストパフォーマンスは
高めだと思う。複雑さも味わえるし。
それにしても、ワインの声を聞こうとすると、本当にいろんな表情を見せてくれる.
はずれのワインて、実はないのかもしれないね~!

ciao!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[PR]
by chicorino1982 | 2007-04-08 02:34 | 新世界ワイン

~ CAMBAS NEMEA RESEVE 2000 ~

ネメア リゼルバ 2000 (カンバス社)
f0024694_2355296.jpg

国:ギリシャ ネメア地区
カンバス社産
カンバス社のマークについての面白いお話を見つけたのでリンクさせてもらった。
~カンバス~(勝手にリンクしてすいません!)
f0024694_072476.jpg

リム:透明。全体的に透明感があり明るい液体。
リム周辺部:うっすら朱色、でもかなり薄め。
アイ:結構うすめではあるが、朱色。不純物の少ないきれい目のワインだ。

開けたてで、アロマチェックしたときは、かなり控えめな香り。
メープルシロップのような、おそらく俗に言うバニラ臭かな。
シナモンのような気もしたんだけど。
どちらにしても香り自体が長持ちしない。
開けたてはかなりうすめで、直線的な味わい。
デミグラスハンバーグと合わせると、アルコール感も、味わいも感じられなかった。
こいつは飲めないな~。と一杯でやめてしまった、、、が、
なんだか引くに引けずしばらくしてからもう一度飲んでみた。
すると、だいぶ味がする!さっきはつかれてたのかな??
やはり、ワインは焦って飲んではいけません。
なんのその、なかなかいい感じ。
うすさは否めないものの、かすかな酸味、渋みがあり飲める!
でもやっぱり香り持ちはイマイチかな。
複雑味はないもののすっきりとしたライトボディ。スムーズさはなかなか上品。
余韻もすっきりとしていて、かえってだらだらしていないのでこれはこれでありな感じ。
普段飲むなら、飲み疲れなくていいかな~。
食事は濃いものとではワインの味わいはほぼ消滅なので×。
某やまやで3本2300円、ならいいんでないかい!

Da chicorino.
[PR]
by chicorino1982 | 2007-04-02 23:33 | 新世界ワイン
ヴューマネント カベルネソウビニョン リザーブ(フルボディ)
f0024694_23543012.jpg


イチジクのような味わい、フルーティな果実味などもある。

色調
リム:透明
リム周辺部:ルビー色がかった赤色
アイ:やや濃い目のルビー色で透き通っている。
[PR]
by chicorino1982 | 2007-02-25 23:00 | 新世界ワイン